家を買うことになって、最初はどうしても注文住宅で建てたいというこだわりがあったわけではありませんでした。
建て売りでも場所や価格、間取りが気に入ればそれでもいいと思っていたので、あまりこだわらず条件にあった物件はいくつも見に行きました。
間取り自体は、そこまで特別なこだわりがあるわけではなく、子供の人数に合わせた個室が確保できれば、あとは住むうちに慣れてくるかなという気持ちもありました。
実際、今住んでいる賃貸も一般的な2LDKの間取りで、困ることはなかったですし、家具のレイアウトを工夫することで自分達の生活に合わせたこられたので、部屋数さえ足りていれば、特別に変わった使いにくい間取りじゃなければ何とかなると思っていました。
でも、実際に広告や雑誌で間取りを見て、これならいいかなと思って現地に行くと外観や内装の色や装飾が全く好みに合わないということが結構あったんです。
色や装飾が全く趣味に合わないと、間取りが気に入っても買う気になれなくて。
そういう感覚的な部分は、なかなか変えられるものじゃないし、慣れない気がしました。
いくつも物件を見て、この色じゃなかったら良いのにとか、外観がもうちょっと違ったら、と思うと結局決めきれず注文住宅に落ち着きました。
床やドアの色も思った通りの家になったことで、家具やインテリアも好きなものを選ぶ事ができたので満足しています。