東京都心では土地も狭く、なかなか良い物件が見つからないという方もいらっしゃると思います。
確かに都心は何でもあり、便利ではありますが、終の棲家となる我が家が良い環境に恵まれなければ、心から楽しく暮らすことはできないでしょう。
そんな方におススメなのが都心から少し離れた、自然豊かな土地でマイホームを持つことです。
例えば栃木県は北関東でも一番大きく、自然も豊かで食べ物も水も美味しく、人も穏やかで大変過ごしやすい環境が揃っています。
東京で定年退職した後、栃木に家を買ってゆっくり暮らすという移住民の方もたくさんいらっしゃいます。
また教育や医療の施設も充実しているので、小さなお子様がいるご家庭にも良いことがたくさんあります。
県庁所在地は宇都宮市ですが、宇都宮市以外にも小山市や佐野市などは、比較的新しい街で、今どんどん拓けてきているエリアですので、土地の売り出しも盛んです。
学校が近かったり、ショッピングモールが歩いてすぐの距離にあるような場所も売り出していますので、タイミングを見計らってぜひ良い場所を確保し、素敵なマイホームを建ててみてはいかがでしょうか。
お庭つきの広々とした家がきっと実現できるはずです。