近年世界各国で急速に普及率が高まっているビットコインについてですが、こちらは日本ユーザーの間でもよく利用されている電子マネーなどと似た性質を持った仮想通貨と呼ばれるものです。
仮想通貨とは何なのか、普通の円などの現金と比較して何が魅力なのか、その仕組みについてビットコインを例に挙げてお話ししていきましょう。
まずビットコインは、ネット上に登録される金銭価値を有するデータなので、国が定める通貨や紙幣などのように管理するために必要な諸経費が掛かりません。
これについてはクレジットカードの金融機関の管理の手間などに対しても言える事で、ビットコインはコンピューターを通じたネットワーク上での取引という性質上、これらよりも経費を抑えて迅速に送金できるという利点があるのです。
また、ビットコインの価値は株式や外国為替の相場などと同様に日々変動しています。
この点が同じ仮想通貨として分類される中でも、電子マネーとは違った特性を持っている点だといえます。
投資に興味のある方などは、株やFXといったものを始めるのも良いですが、取引の際に生じる手数料の少なさといった、大きなメリットのあるビットコインから始めてみるのも選択肢の一つとしてありなのではないでしょうか。