たまに街中や大型店舗の近くでパンやたい焼きを売っているような移動販売車、あれはどこで手に入れるのか不思議に思ったことはありませんか?
実はああいったものはオーダーメイドであることがほとんどです。
多くの販売数が見込めるわけではないので自動車産業は専用のラインを確保してまで作りませんからね。
ライトバンの後部スペースに機材を載せただけの簡易的なものの場合は自作だったりすることもありますが、横が開いていてちゃんと接客できるようになっているようなものは専用の業者に依頼して作ってもらいます。
簡単そうに見えて車検が通るように作る必要がありますし、保健所の施設基準も満たしておかなければなりません。
また水タンクや機材の配置による、重心、強度の変化、引火の危険性の問題などもろもろを考えると自分で作るのは難しく危険でもありますので、信頼の置ける業者に任せるべきです。
ベースとなる車はこれがいい、といったこだわりがある場合は「湘南ガレージ」のように車の持ち込みができるところを探すのがいいでしょう。