生活習慣病の1つに糖尿病があります。
日本では約2,000万人以上の人が疑いや可能性があります。
原因としては、運動不足や食事の食べ過ぎなどといった日々の生活習慣の悪さです。
そうならないためには水素を使うことが非常に効果的です。
なぜ水素水が良いのかと言うと、活性酸素を除去する力を持っているからです。
活性酸素の影響を受ける臓器としては膵臓があります。
この膵臓には、インシュリンを生成する働きがあります。
活性酸素が原因で、この膵臓の働きが悪くなるとインシュリンの生成する量が減少してしまいます。
また、インシュリンの本来の動きさえも阻害されてしまいます。
このようなことから、水素水が良いのです。
糖尿病はその他にも原因はあります。
活性酸素の影響を受けるミトコンドリアが、強い活性酸素が原因でエネルギーに換える力が減少してしまいます。
こうなってしまうことで、インシュリンが機能して細胞内に血糖を送ったとしても、ミトコンドリアがうまく働かなくては何の意味もなく、結果的に糖尿病として発生してしまいます。
このようなことから、活性酸素を除去することでミトコンドリアも守ることができます。
そうすれば効果的な対策となります。